メールニュース

第633号 2015年05月27日発行

竜王町 竜王町の新たな玄関口「道の駅 アグリパーク竜王」

体験交流型農業公園として平成8年に設立された「アグリパーク竜王」が,平成27年4月に新たに道の駅として登録されました。竜王町では2つ目の道の駅となり,北の玄関口として「竜王かがみの里」,南の玄関口として「アグリパーク竜王」と,竜王町へ来られる方をおもてなししています。

 本施設周辺には,約60haという広大な敷地でいちご・さくらんぼ・もも・ぶどう・なし狩り等ができる果樹園をはじめ,地元で取れた新鮮な野菜・果樹や特産品の直売所,動物ふれあい広場など,様々な体験が出来る施設があります。手ぶらで楽しめる近江牛バーベキューコーナーも好評で,遠方から多数の観光客を集めています。
 この度,道の駅へ登録された事により,これまで以上の集客を見込めるとともに,竜王町の魅力を発信する拠点として更なる期待が高まっています。

 行政としては,アグリパーク竜王をはじめ町内の施設を,近隣の観光会社等へプレゼンテーションを行い,竜王町の魅力を発信する活動をしています。今後も様々なメディアを通じて,より多くの方に竜王町の魅力を発信していく考えです。

 皆様も是非,竜王町へお越しの際は道の駅「アグリパーク竜王」へお立ち寄りください。

~ここから余談~
 遺憾ではありますが,竜王町は将来,消滅する可能性がある都市として名前が挙がっております。しかし一方では,地域経済分析システム(RESAS)によると,2012年度の創業比率はなんと全国市町村で1位を記録しています。
 これはひとえにアウトレット開業の影響が大きく,年間の訪問者についても500万人を越えるほど。竜王町の人口が約1万2500人なので,実に400倍近くの人がアウトレットに来られているという事に・・・!
 せっかくこれだけの人が竜王町へ来られているのですから,アウトレットでお買い物をしていただくだけではもったいない!竜王町内の観光施設を是非利用してもらえるよう更なる働きかけが必要です。