メールニュース

第646号 2015年08月26日発行

久御山町久御山町民運動会 ~地域と世代を繋ぐ~

久御山町では,毎年「久御山町民運動会」を開催しています。久御山町体育協会を中心に,町民が一体となって毎年10月,体育の日前日の日曜日開催に向けて準備を行い,当日は老若男女を問わず参加し,相当な盛り上がりを見せている町民運動会。今年で49回目の開催になります。近隣市町の行政担当者や住民からはよく「久御山町の運動会はクラシックやな」と言われるそうです。「良き伝統」なのか「時代おくれ」なのか発言者の真意は分かりませんが,久御山町では前者として捉え,今年も町民が一体となって地域や世代を超えた盛り上がりを期待しながら,10月11日(日)の開催に向けて準備を進めているところです。

 今や住民の運動会は,自治会単位や小学校区単位で行うところが増え,久御山町のように自治体全体で開催されるところは全国的にも少なくなってきました。もちろん自治体全体として開催するには,自治体の規模等が影響することは確かですが,運動会そのものが無くなってしまった地域さえあることを考えると,やはり住民の高齢化による企画運営の難しさやコミュニティの希薄化が大きな要因だろうと推測できます。久御山町民運動会も1990年頃を境に,参加者が年々減少しています。昨年は町制施行60周年の年ということもあり,60周年記念種目を開催したり,過去の町民運動会の写真展を実施したりと,参加者に楽しんでいただけるような企画を実施しましたが,参加者の減少傾向は止めることが出来ませんでした。今年こそはたくさんの町民に参加していただけるようにと,体育協会を中心に様々な企画を考案中です。

 久御山町ではこれからも,運動会などの町民が一体となり盛り上がっていけるような催しを企画し,行政機関として地域や世代をつなぐ役割を担い,活気あふれるまちづくりに繋げていければと考えています。