メールニュース

第661号 2015年12月24日発行

近江八幡市近江八幡市ふるさと応援寄附金

近江八幡市では,平成26年12月にふるさと納税をリニューアルし,一定額以上を御寄附いただいた方に,謝礼品としてポイント制謝礼品カタログ(ダイジェスト版)をお送りし,ふるさと応援寄附推進による地域活性化に取り組んでいます。

 寄附額に応じ,ポイントを付与させていただき,ポイントに応じてカタログ(ダイジェスト版)やホームページからお好きな謝礼品をお選びいただけます。
 ポイントの有効期限は1年間で,お好きな時にお好きな商品をお申し込みいただけます。
申込みは,インターネットからもできます。また,クレジットカード決済で簡単に御寄附いただけるようになっています。

【謝礼品について】
 謝礼品には,日本三大和牛の一つである「近江牛」をはじめ,琵琶湖・沖島で漁れた「鮒寿し」や「湖魚の佃煮」,自然に恵まれた大地で育った「近江米」,織田信長ゆかりの「赤こんにゃく」,地元の野菜を使った「まるごと彩菜せんべい」,優しい甘さの「でっち羊羹」,西の湖の葦を使った「葦うどん」,「近江兄弟社のメンターム」,伝統工芸の「念珠」,オーダーメイドの「八幡靴」など,100品以上の特産品を揃えております。
 近江八幡市ならではの謝礼品で,寄附者へPRしていきたいと考えています。

【ふるさと納税の活用方法】
 寄附金の使い道は,7つの事業を指定できるようになっており,「自然環境及び地域の歴史的史跡の保全」,「医療及び福祉の充実」,「教育及び文化の振興」,「産業の発展」,「安全及び安心の都市づくり」,「近江八幡市の事業全般に活用」の他に,今年の11月から特定目的事業として,「岡山小学校・コミュニティエリア整備事業」を挙げています。

 近江八幡市ふるさと応援寄附金を通して,全国の寄附者へ近江八幡市を訪れていただけるような魅力あるものにしたいと考えています。