メールニュース

第663号 2016年01月08日発行

日野町防災士と共に進める地域防災!

近年,全国各地で自然災害が多発しています。滋賀県日野町においても,平成25年には,台風18号によって,町内各地で400箇所を超える被害が発生しました。このようなことから,日野町では,災害に強い安全なまちづくりを目指し,自主防災組織の育成・支援のため,防災リーダーの育成に取り組んでいます。

 日野町では,町全体の防災リーダーとして,9名の方に,防災士の資格を取得いただくとともに,自治会単位の防災リーダーの育成も目指し,防災士の資格取得に対する支援を行っています。

 防災士の皆さんには,町が実施している出前講座において,職員と一緒に自治会に伺う講師としての活動や,町の総合防災訓練で災害時の自助・共助の啓発などに取り組んでいただくとともに,自主的な活動において,各自治会での自主防災組織の設立支援にも取り組んでいただいています。

 出前講座等では,「住民の立場に立って」・「わかりやすく」・「具体的に何をしたらよいか」に重点を置いて,避難所運営ゲームなど,住民参加型の講座を開催いただいており,住民の方からも好評を頂いています。

 日野町では,今後も防災士さんと共に,自助・共助・公助の取組を進め,地域防災力を向上させることにより,安心してくらせるまちづくりに取り組んでいきます。