メールニュース

第587号 2014年06月19日発行

木津川市現代アートを活用したまちづくり「木津川アート」

木津川アートは,市民が自分達の住むまちを見つめなおすきっかけづくりとして誕生した,現代アートを活用したまちづくり事業です。

 市内の様々な場所を舞台にすることで,地元の方には,まちの魅力の発掘や再発見を,市外には市の魅力を発信しながら,市民同士の交流はもとより市内外の交流人口を増加させることにより合併による旧町の垣根を無くし,自分たちの新しい市の魅力を発信するきっかけづくりとして進めています。

 内容は,古民家や日常的な空間に芸術作品を展示するイベントです。平成22年度に第1回を開催し,以降3年にわたり,毎年秋に開催してきました。

 この事業は,総合プロデューサー・観光協会・市に,ボランティアを加えた実行委員会を構成し運営していますが,実際には総合プロデューサーを中心に集まったボランティアスタッフが企画段階から会場探しや瓦版の発行,当日のマップ作成まで,すべてを手作りで行っています。

 主なボランティアの活動としては,スタッフが集い事業内容を企画するミーティング,作家のための空間探しツアーなどで空腹を満たしてくれる「ぶたじる隊」,会場となる場所を清掃する「おそうじ隊」,イベント期間中作品の見守りをしてくれる「みまもり隊」,さらに一昨年小学校を会場にした時には「給食係」も登場しました。

 こうしたボランティアのもてなしの心が,作家をはじめとした関係者だけでなく,イベントに来場される方にも伝わり,あらたな交流も生まれています。

 また,地域住民との関係性においても,地域主催の行事に参加作家やボランティアなどが積極的に参加をしたり,地域住民の方が,自ら自宅をもてなしの場として開放するなど,主催者と地域が交流する機会も増えてきています。

 今年の木津川アート2014は,11月2日~15日に,「まち ~100年の邂逅~」をテーマに,近鉄高の原駅周辺等が舞台となります。

 まちの記憶を辿り,新しい何かに出会う14日間。ワクワク,ドキドキを探しに来てください。


○問合せ 木津川市役所 観光商工課 TEL:0774-75-1216