メールニュース

第110号 2004年03月03日発行

滋賀県2009年ワールドマスターズゲームズ 滋賀県で開催を

招致ロゴマーク 招致ロゴマーク

ワールドマスターズゲームズは,1985年から4年に1度,世界の各都市で開催され,参加選手数は,約100か国・25,000人以上とオリンピックを上回る成人・中高年を対象としたスポーツの祭典です。
 滋賀県は,2009年ワールドマスターズゲームズの招致に立候補し,アジアではじめての開催をめざしています。

「ワールドマスターズゲームズ」とは, 
・デンマークのコペンハーゲンに本部を置く国際マスターズゲームズ協会が主催します。
・予選や標準記録のようなものはなく,競技により異なりますが概 ね30歳以上であれば,全ての人々が個人で参加できます。
・参加者は,元オリンピック選手から一般のスポーツ愛好家まで おり,広く開かれた大会です。

- ワールドマスターズゲームズの開催競技 -
<コア競技~必須競技>
陸上競技・バドミントン・バスケットボール・カヌー・サイクリング・ゴルフ・オリエンテーリング・ボート・射撃・サッカー・スカッシュ・水泳・テニス・トライアスロン・ウェイトリフティング・卓球・アーチェリー

<過去の大会のオプション競技~開催地が自由に選択できる競技>
野球・ソフトボール・ダイビング・フィールドホッケー・室内クリケット・柔道・ローンボウルズ・ネットボール・ラグビー・ライフセービング・ボウリング・タッチラグビー・バレーボール・ウォーターポロ

(※選手はこれらの中から複数の競技に参加することができます。)

- 大会開催経緯 -
【第1回1985年】カナダ・トロント 61か国  8,305人参加
【第2回1989年】デンマーク(3都市) 76か国  5,500人参加
【第3回1994年】オーストラリア・ブリスベン 71か国 23,659人参加
【第4回1998年】アメリカ・ポートランド100か国 25,000人参加
【第5回2002年】オーストラリア・メルボルン 97か国 26,000人参加
【第6回2005年】カナダ・エドモントン(予定)

- 招致活動状況 -
滋賀県は,シドニー(オーストラリア),コペンハーゲン(デンマーク)と共に2009年大会の最終選考都市の一つとなっており,今後は大会企画書の提出,IMGA役員の公式視察を経て,本年6月に3都市の中から開催地が決定される予定になっています。

<お問い合わせ>
しがワールドマスターズゲームズ招致推進事務局
〒520-8577 大津市京町四丁目1-1
 滋賀県教育委員会事務局保健体育課内
TEL:077-528-4619 FAX:077-528-4955
mailto:wmg@pref.shiga.jp
http://www.pref.shiga.jp/edu/wmg/