メールニュース

第597号 2014年08月27日発行

高島市高島市における若者定住促進の取組みについて

高島市では,活力に満ちた持続可能な地域づくりのために,平成20年度に「高島市若者定住促進条例」を定めました。その目的達成のために,「若者の住宅確保の支援」,「子育て環境の向上」および「若者の就労および起業の支援」を重点的事業として,若者定住の促進に取り組んでいます。

1.定住相談窓口 
 「高島市で暮らしてみたい」と希望をお持ちの方を,地域の担い手として迎えるため,平成21年度から定住相談窓口を開設し,定住相談員を設置しています。住まい,仕事,暮らしの相談や情報提供を行っています。
【定住相談窓口への相談状況・定住実績】(H21~H25年度の合計)
●相談者件数385件 ●定住実績91世帯(199人)

2.空き家紹介システム 
 定住相談の内容は,約7割が住まいに関する相談です。そこで,市内の協力事業者(宅地建物取引業者)と連携し,空き家所有者と空き家に住みたいとお考えの移住希望者との接点を設けていく「空き家紹介システム」を作りました。空き家所有者がその活用を気軽に相談できる場として,空き家活用相談会を2カ月に1度開催しています。

3.若者の住宅確保の支援制度 
 空き家の活用と合わせ,住宅確保のための支援制度を整備し,若者が暮らしやすい住まい環境をつくっています。
【おいでよ高島・若者マイホーム補助】
 40歳未満の移住者が住宅を新築された場合に,要件によって200万円を補助
【新築住宅取得補助】
 40歳未満の市内定住者が新築住宅に課税された固定資産税相当額に対する補助(補助率1/2,限度額5万円/年,地域通貨で5年間)
【定住住宅リフォーム補助】
 UIJターン者等が行うリフォームの工事費用に対する補助(補助率最高1/4,限度額50万円,地域通貨で5年分割均等払い)

4.子育て環境の向上 
 若者が子育てしやすい環境をつくり,働きながらの子育てを応援しています。
 ●保育料は国基準の約50%
 ●10月からは中学生までの医療費が無料
 ●学童保育は小学6年生まで対象

5.就労および起業の支援 
 若者が働きやすい環境をつくります。
● ビジネスプランオーディション(グランプリ・奨励賞には,事業の実施に必要な経費を補助)
● 新規就農者研修制度(市内の大規模農家や農業法人で研修を受けながら農業技術を習得し,農家として自立するための支援を行う)
● 就職フェア・福祉の職場説明会の開催

※高島定住応援サイトを開設しています!(http://www.takashima-teiju.org/