メールニュース

第603号 2014年10月12日発行

竜王町竜王町『交竜(こうりゅう)の郷(さと)あえんぼ賞』について

竜王町では平成23年度に「第5次竜王町総合計画」がスタートし,新たな町づくりの10年が始まりました。この計画では,とりわけ「人」に焦点をあて,まちの将来像を「“ひと”育ち みんなで煌く 交竜の郷」とし,10年後の人口14,000人を目指し,住みよい町づくりに向けた各種施策を進めているところです。

 町民の皆様がより主体的,具体的に町まちづくり,地域づくりにかかわっていかれるきっかけとして,身近な実践者の行動がとても参考になります。また,こういった“ひと”は町の貴重な財産でもあります。このことから,町内でコツコツと地域を支える奉仕活動や人知れず地道で心温まる活動などを続けておられる個人やグループの方々に対し,その活動に感謝する意味を込め,平成23年度から竜王町『交竜の郷あえんぼ賞』を設けて表彰をさせていただいております。

 平成25年度までの3年間で福祉,環境および教育などの様々な分野で活動していただいている個人やグループ計24名の方々が受賞され,現在もそれぞれの分野で継続的に活動されております。平成26年度については,8月に広報誌や町ホームページなどで推薦者の公募を行い,現在,11月の表彰に向け受賞者の選考を行っているところです。

 また,本町は平成27年4月には町制60周年を迎え,節目の年となるため,町の貴重な財産であるこういった方々とともに,「“ひと”育ち みんなで煌く 交竜の郷」の実現ができるように今後も「人」に焦点をあてた施策の展開を推進していきたいと考えております。