メールニュース

第605号 2014年10月23日発行

高槻市高齢者の健康づくりの推進 ~健幸ポイント事業の実施~

本市では,高齢期を迎えられた市民の健康づくりを推進するため,オリジナル介護予防体操「高槻ますます元気体操」をはじめとした介護予防の取組を「高齢者ますます元気大作戦!」として積極的に実施しています。

 平成26年度からは,これらの介護予防の取組に楽しみながら主体的に参加していただくことで,健康意識の高い高齢者を増やし,総合的な介護予防と生涯を通じた健康づくりの推進を図ることを目的に,「高槻市ますます元気!健幸ポイント事業」を新たに開始しました。

 この事業では,希望者に「健幸パスポート(ポイントを記録する手帳)」を交付し,介護予防事業や健康診断,健康フェア等のイベントなど,対象となる32事業に参加していただくごとにポイントを付与し,合計100ポイントを貯めると,健康グッズなどの記念品との交換や民間保育園への寄付を行うことができます。

 ポイントと交換できる記念品は,障がい者自立支援の観点から,市内の障がい福祉サービス事業所に制作を依頼しています。また,次世代育成支援の観点から寄付の対象に保育園を設定しており,高齢者自身が健康づくりを目指すことで,社会貢献にもつながるようになっています。

 平成26年9月末の段階で,約6,000人の方々が健幸パスポートを申請して,様々な健幸ポイントの対象事業に参加されました。すでに,100ポイント達成者も約700人となりました。これをきっかけに,介護予防の取組に参加しようとする人が増えています。

 「シルバー世代」の皆さんが,より輝きのある「プラチナ世代」として生きがいを感じながら,健やかに充実した毎日を過ごしていただけるように,ポイントを貯めて「健康」と「幸せ」を一緒に手に入れていただく「健幸ポイント事業」に,より多くの方にご参加いただけるよう取り組んでまいります。