メールニュース

第620号 2015年02月12日発行

精華町「けいはんな科学コミュニケーション推進ネットワーク」

精華町は,京都,大阪,奈良の三府県にまたがる京阪奈丘陵において,文化・学術・研究の新しい拠点の形成を目指す「けいはんな学研都市(以下,「学研都市」という。)」の12ある文化学術研究地区のうち3地区を擁しており,学研都市の中心に位置しています。

 平成19年度から,学研都市ならではの「教育機会」の提供,そして,学研都市のブランド力の向上を図るため,「科学のまちの子どもたち」プロジェクトが始動しました。平成26年9月10日に,その活動を継承,より強力に推進するため学研都市だけでなく,周辺地域のより広範囲の関係者により設立されたのが,「けいはんな科学コミュニケーション推進ネットワーク」(K-SCAN)です。様々な分野の立地施設が集積している学研都市の特色を活かした多様な「学びの機会」を子どもたちへ提供することで,将来にわたって科学への興味や関心を持ち続ける子どもたちを育成すると共に,科学を日常の話題として家族や友人と語り合える地域文化を実現することで「科学コミュニケーション」を推進します。

 主な活動内容は以下のとおりです。

①「けいはんな科学体験プログラム」の企画・運営 
 学研都市の大学や研究機関の研究者等によって構成される「サイエンス・サポートけいはんな」の企画・運営による,科学実験工作教室,自然観察教室,ロボット工作教室などを実施します。対象は小・中学生です。

②学研都市のリソースを活かした学校教育のサポート
 子どもたちや教員による学研都市の研究施設や企業の見学,研究者や技術者による学校への出前授業,小・中学校の教員の研修などのコーディネートを行い,学校教育をサポートします。

③各種科学イベントの企画・運営ならびにコーディネート
 小学生を対象とした「けいはんな科学体験フェスティバル」や中・高生を対象とした「ポスターセッション」など,さまざまな科学イベントの企画・運営やコーディネートを,関係諸機関との連携のもとに実施します。

④各種教育コンテンツの制作と配布ならびに販売
 学研都市の研究機関の研究内容をわかりやすく紹介した「科学絵本」や「研究現場のビデオ教材」など各種教育コンテンツの制作を行い,子どもたちのほか,学校や研究機関など関係諸機関に配布します。

⑤学研都市の研究機関の実証実験のサポート
 学研都市の研究機関が地域の学校や保育所などをフィールドに行う実証実験に対して,研究機関と行政,学校とをつなぐ橋渡しを行います。

※直近の話題では,2月7日(土)に「けいはんな科学体験フェスティバル2015」を実施,盛況裡に終わりました。