メールニュース

第623号 2015年03月12日発行

大津市湖辺(こへん)ルネッサンス~大津のヨシ作戦~

延長約44kmにも及ぶ大津市のびわ湖岸では,近年の都市化の進展により自然の姿が失われつつありますが,北西部を中心にヨシ帯が残り,びわ湖の原風景が美しく保たれているところもあります。

 ヨシ帯には水辺の生物を豊かに育んだりするなど様々な機能もあり,このヨシを通してびわ湖と私たちの生活との関わりを見直してもらおうと,大津市では,平成2年度から「湖辺(こへん)ルネッサンス~大津のヨシ作戦~」と名づけたヨシ保全事業に取り組んでいます。

 具体的には,冬季に枯れたヨシの地上部分を刈り取ったり焼いたりすると,春の発芽に活力を与えヨシの保護育成に効果があるといわれていますが,近年ヨシの需要が減ったことからヨシが刈り取られることも少なくなったため,ヨシ刈りなどの実施や支援を行っています。

 その1つ,市内最大のヨシ帯で行う「市民ヨシ刈り」には,本年度は約700人の市民の方々にご参加いただきました。また,支援事業「地域等におけるヨシ刈り,湖辺清掃」は8地域11団体に実施していただいており,のべ2,000人の方々に毎年ご協力いただき,ヨシ刈りはびわ湖を守る大きな市民運動の1つとなっています。

 一方,刈り取られたヨシは,「ヨシたいまつ一斉点火」事業で利用しています。「ヨシたいまつ一斉点火」は,春の幕開けを告げる「びわ湖開き」に合わせ,その日の夜に行っているもので,市民がびわ湖への愛着と恵みに感謝し,「びわ湖の環境保全・水質浄化・ヨシ帯保全」と「びわ湖の湖上安全」を祈願して,市内7地域,のべ約3キロメートルの湖辺に立てられたヨシたいまつ約500本に一斉点火します。

 「ヨシたいまつ一斉点火」は,どなたでもご覧いただけます。ヨシたいまつの明かりが作り出す幻想的な世界を見てみませんか?

「ヨシたいまつ一斉点火」
●実施日時  平成27年3月14日(土曜) 19時一斉点火
(荒天の場合3月15日(日曜)に延期)
点火前に,楽器演奏やステージ発表などの催しを実施される地域もあります。

●実施場所  大津市内7地域

詳しくはこちら↓
http://www.city.otsu.lg.jp/soshiki/030/1121/o/1424657356856.html