メールニュース

第150号 2005年03月23日発行

城陽市ISO認証取得助成金交付事業

1.実施目的・効果
 この事業は,城陽市環境基本条例における事業者の責務として環境マネジメントシステムの構築に努めなければならないと規定していることから,環境管理の国際規格ISO14000シリーズの認証取得,また,品質保証の国際規格ISO9000シリーズを認証取得した中小企業者に対して経費の一部を補助することにより,地球環境問題に積極的に取り組み,環境問題に配慮した企業活動を促進する体制の整備に資することを重視しながら,一方,中小企業者の競争力や信頼を高めることを通し,商取引の拡大を図ることを目的とします。

2.内容
(1)事業概要
 環境管理の国際規格ISO14000シリーズ,品質保証の国際規格ISO9000シリーズを認証取得することに対して経費の一部を助成します。

(2)対象者
 城陽市内に事業所をもつ中小企業者(中小企業基本法第2条第1項)で,市税を完納しているもの

(3)対象事業
 ・ISO14000シリーズの認証取得
 ・ISO9000シリーズの認証取得
 平成16年4月1日以降に認証取得したもの

(4)対象経費
・助成対象経費は,認定取得及び登録に要する経費で,市外の事業所が含まれた取組の場合は市内の事業所分のみ
・助成対象経費は,認証取得日までに要する経費で,例えば,コンサルタントに委託された場合はその委託経費や,認証取得の際に必要となる審査登録機関に支払う審査登録に要する経費等

(5)助成金額
 助成対象経費の3分の1に相当する額で,1企業,各事業について1,000,000円を限度とします。なお,これとは別に国及び府等から助成を受ける場合は,その金額を城陽市の助成金額から控除して交付します。
 ISO14000シリーズ及びISO9000シリーズの認証取得の各一回限りとし,認証取得した日の年度が同一年度の場合は,いずれか一方のみを助成対象とします。