メールニュース

第543号 2013年07月31日発行

滋賀県『地先の安全度』マップ公表!

滋賀県では,県民のみなさんのご自宅やお勤め先などの場所が,どのくらいの水害リスクがあるのかを,シミュレーションにより求めた『地先の安全度』マップを公表しています。

 大雨が降ると集落内の水路や農業用排水路など,小さな川や水路があふれる場合があります。また,さらに雨が降り続くと大きな川の堤防が決壊し,大規模な浸水被害が発生することも想定されます。『地先の安全度』マップは,どれくらいの雨の時にご自宅などの近くを流れる川や水路があふれ浸水するおそれがあるのか,あふれた場合はどの程度の被害となるのかを明示したものです。
このマップを公表した目的は,地先における河川などの氾濫や浸水の可能性を示し,地域住民のみなさんと情報共有するとともに,命を守るための避難行動や住まい方につなげてもらうためです。
 例えば,住民が地先の安全度マップをもとに避難計画を検討したり,小学生が通学路の洪水時危険箇所点検に活用したりしています。



 また,滋賀県は,このマップを用いて,河川改修などの川の中における治水対策に加え,土地利用や建築規制などの川の外における治水対策の検討に活用しているところです。

 引き続き,国や市町と連携し,どのような洪水にあっても,①人命が失われることを避け(最優先),②生活再建が困難となる被害をさけることを目標とする流域治水を進めてまいります。

【ホームページ】
 http://www.pref.shiga.lg.jp/h/ryuiki/tisakinoanzendo/top_page.html