メールニュース

第156号 2005年05月11日発行

宇治田原町「KES・環境マネジメントシステム・スタンダード認証取得を目指した取り組みを始めます」

宇治田原町では,循環型社会システムの構築のため,「環境にやさしい」基準として認識されている環境マネジメントシステム(EMS)を役場組織に導入します。

 環境マネジメントシステムについては,国際規格であるISO14001を始めとして,様々な国内規格がありますが,KES・環境マネジメントシステム・スタンダード(「京(みやこ)のアジェンダ21フォーラム」で誕生)の導入を予定しています。

 この取り組みにより,職員の環境保全意識の向上や宇治田原町環境保全計画(平成16年3月策定)の進行管理を図るとともに,事業者等へも環境マネジメントシステムの認証取得を普及させていきたいと考えています。

 以下の事業を行う予定としています。
●平成17年度   ステップ1の導入
●平成18年度以降 ステップ1の評価及び認証審査,ステップ2導入への検討

 平成17年度は,ステップ1の導入として,役場組織にはどのような環境負荷があるのかを把握し,町長自らが環境宣言を行います。そして,環境改善目標を設定し,計画を立てて実行し,評価します。

 平成18年度以降については,ステップ1の評価及び確認審査を行うとともに,将来「ISO14001」の認証取得を目標にする段階であるステップ2の導入を検討します。

 なお,認証機関である京(みやこ)のアジェンダ21フォーラムKES認証事業部によると,平成17年4月1日現在,KES・環境マネジメントシステム・スタンダードを認証取得している地方自治体はないということであり,本町が認証取得を目指す初めての地方公共団体となります。