メールニュース

第158号 2005年05月25日発行

精華町「けいはんな新産業創出・交流センター」が開所! ~学研都市発の新しい産業の創出に向けて~

4月26日(火),関西文化学術研究都市(学研都市)発の新しい産業の誕生をめざす拠点として,「けいはんな新産業創出・交流センター」がけいはんなプラザのラボ棟に開設されました。

 このセンターは,経済団体や大学,関係自治体,金融機関など幅広い機関の参画のもと,互いに連携・協働することにより,研究成果の事業化や中小・ベンチャー企業の支援・育成,他の研究開発拠点との連携,研究及び産業施設の立地促進を図ることなどを目的として設置されたものです。

 学研都市では,これまでからロボット技術や情報通信技術,バイオサイエンスなど数多くの先端的な研究成果が生み出されていますが,せっかく生み出された研究成果が学研都市内で新しい産業に結び付くことは残念ながらほとんどなかったのが実情でした。

 したがって,今後より魅力のある都市づくりを進めていくためには,これらの研究成果をどのようにして地域での産業化につなげるかが重要な課題となっています。

 精華町においては,雇用の拡大や地域経済の活性化,税源の育成などを図るため,昨年10月に相楽郡内の自治体で初めて企業立地に対する助成制度を創設し,研究開発型産業施設などを積極的に誘致する活動を始めていますが,現実には,地域での産業化や企業立地の促進を町単独で図っていくには限界があります。

 このため,同じ学研都市の構成市町である京田辺市・木津町とも歩調を合わせる中で,「けいはんな新産業創出・交流センター」の設置に地元自治体として積極的に参画することとし,産業振興を担当する職員をセンターに駐在させています。

 今後は「けいはんな新産業創出・交流センター」を拠点として,各関係機関と連携しながら企業誘致の総合窓口対応などを行い,企業立地のさらなる促進や新産業の創出,中小・ベンチャー企業の集積などを図り,しいては地域経済の活性化や雇用機会の創出をめざします。

〔けいはんな新産業創出・交流センターの概要〕
■所在地/京都府相楽郡精華町光台一丁目7番地
 けいはんなプラザ・ラボ棟3階
■連絡先/TEL0774-98-2230 FAX0774-98-2202
■参画組織/京都府中小企業技術センター,(財)京都産業21,京田辺市,木津町,精華町,同志社大学,京都造形芸術大学,京都府立医科大学,京都府立大学,大阪工業大学,大阪産業大学,日本政策投資銀行,京都銀行,南都銀行,京都中央信用金庫,京都信用金庫,(株)IBLC,フューチャーベンチャーキャピタル(株),(財)関西文化学術研究都市推進機構,関西文化学術研究都市地域知的クラスター推進本部,京都府地域結集型共同研究事業推進本部(平成17年4月26日現在)

○問い合わせ
 農林商工課産業振興係
 (TEL0774-95-1903,FAX0774-95-3973)