メールニュース

第550号 2013年09月19日発行

八幡市『そうだ 八幡,行こう。』 ~石清水八幡宮が2013年夏JR東海の観光キャンペーンに選出~

日本三大八幡宮の一つで本市の観光の中核をなす石清水八幡宮がJR東海の2013年夏「そうだ 京都,行こう。」キャンペーン神社に選ばれました。

 関東地方などで放映されたコマーシャルで,ライトアップされる石清水八幡宮本殿とともに参道や安居橋が紹介されました。


 石清水八幡宮では,キャンペーン期間中(7月13日~8月31日),午後7時から午後9時30分にかけて本殿や参道をライトアップする「夏の夜間特別拝観」を開催しました。
 夏季に夜間特別拝観を行うのは今回が初めてで,本殿のライトアップと約400基の石灯篭などに設置されたLEDライトの柔らかな光により,境内は幽玄な空気に包まれていました。


 八幡市もこのキャンペーンに合わせ,市商工会が中心となり京阪八幡市駅前のにぎわいを創出する事業を実施しています。

 平成25年7月13日から平成26年4月20日の間,駅前の空き店舗を利用した「八幡ふれあい館」を開設し,地場産品・土産物を扱う物販スペースや写真や絵画などの文化活動の作品展示場として活用しています。

 同施設では,7月13日から1週間,京阪ウィークとして,今春勇退した旧3000系特急のパーツの展示やプラレールコーナーの設置,鉄道模型の操作体験会が催され,好評を博しました。
さらに,男山ケーブル駅前広場では,特設ステージを設けて音楽イベント「歴史の街八幡ライブコンペ」を開催しました。

 市内外の個人やグループなど25組が,歌謡曲やジャズ,ゴスペル,民謡など幅広いジャンルの楽曲を熱演しました。

 参加者の中から審査員による審査を経て最優秀演奏者が選出され,賞金が贈られます。

 この夏のキャンペーンの期間中に,6万7千人を超える方々にお越しいただきました。

 これらの取組の成果と課題を踏まえ,引き続き関係機関と連携し,本市の魅力発信に取り組んでいきたいと考えています。