メールニュース

第556号 2013年10月30日発行

精華町精華町健康増進に係る庁内推進本部(せいか365本部)の設置

●せいか365-キャッチマーク ●せいか365-キャッチマーク

精華町では,全国的な傾向と同じく,生活習慣病の方や介護を必要とする方が増加傾向にあります。健康寿命の延伸や医療費など保険給付費の伸びの抑制の面からも,個人や家族の間だけの健康問題として済ますことはできません。この状況を打破するには,地域や町全体の喫緊の課題として,より多くの方が,継続的に健康づくりに取り組んでいくことが重要になります。

 そこで,精華町では,平成25年6月,その実現に向けた庁内組織として,「精華町健康増進に係る庁内推進本部」を設置しました。この推進本部は,健康増進に関する各種事業の所管課全てが名を連ね,部課を越えた職員による専門部会から構成されます。

 これまでの組織の枠を越えた横断的な連携が可能になるため,全庁的な健康増進事業を推進する礎となることが期待されています。推進本部の立ち上げを皮切りに,町民一人一人が笑顔でつながりあい,地域の中で支え合いながら健康づくりに主体的に参画し,健やかで元気に満ちた地域社会づくりを目指します。

●精華町健康増進に係る庁内推進本部の取り組み目標
 ▶ヘルスプロモーションの考え方に基づいた健康づくりの推進
  ・町民一人ひとりの力量の向上
  ・健康をみんなで支え合うネットワークづくり
  ・健康を支援する環境づくり(まちづくり)
 ▶病気予防と元気増進の調和が取れた健康づくりの推進
  ・病気予防対策 ・元気増進対策
 ▶住民参加・参画による健康づくり・介護予防の推進
  ・住民と行政が目的意識を共有し,対等な立場で協力しながらの事業推進
  ・精華町らしい健康づくり・介護予防の取り組み
 ▶地域包括ケアシステムの推進
  ・高齢者などに包括的な支援・サービス提供体制づくり
 ▶健康でいきいきとした人生を送るための支援
  ・生きがいづくりにつながる事業
  ・体力づくり・健康づくりにつながる事業

●各専門部会
 ▶住民等協働部会
  ◆目的
   ・共通したテーマに基づく協働型健康づくりの推進
   ・地域での支え合う健康づくりの推進
  ◆事業内容
   ・住民や関係団体,大学,町による協働的な取り組みの模索,実践
   ・住民や関係団体による,健康づくりに関する取り組み
   ・大学との包括連携協定を活用した専門的助言などによる推進
 ▶職員運動推進部会
  ◆目的
   ・町職員による健康増進の実践
   ・町職員自らの積極的な健康づくりの取り組みの実践・推進
  ◆事業内容
   ・職員研修を通じた取り組みの検討
   ・職員の健康増進の推進
   ・健康増進の推進できる職場環境づくり
 ▶広報啓発部会
  ◆目的
   ・広報啓発
  ◆事業内容
   ・活動内容や各種健康情報を,本誌や広報啓発活動,町ホームページなどで発信

●取り組みのキャッチコピー
 健康ダカラ毎日が楽しい! せいか365(さん ろく ご)