メールニュース

第565号 2014年01月15日発行

湖南市~笑いを基軸に置いた表現力の豊かさを!「心のインフラづくり」~

湖南市と吉本興業株式会社は平成24年10月1日に包括的連携協定を結び,いつでも笑顔や笑い声を持てる社会と地域の持続的発展に資するため,相互に情報や意見の交換に努め,協働により取り組むことが可能な案件について,緊密に連携し協力することを目的とし,事業を進めています。
 連携業務内容は,教育分野とまちづくり分野などの事業展開をしています。
教育分野においては,子どもたちのコミュニケーション力や表現力向上を通じて人との関係構築を支援するとともに,子どもたちを取り巻く家庭,地域社会との連携を深める事業に取り組んでいます。

◆教員の資質向上
 ・子どもたちの心をつかみ,授業に引き込む話術などの教員研修プログラム
◆子どもたちへの支援
 ・中学校で取り組んでいる演劇等のワークショップを実施
 ・コミュニケーション力や自らの考えを伝えるプレゼンテーション力の向上
◆家庭・地域社会との連携
 ・学校と家庭の連携を深めるためのPTA事業等の活性化

 まちづくり分野においては,市民主体のまちづくりを進めるため,地域における繋がりを生み出し,地域コミュニティ意識の醸成を図るとともに,地域における協働,支え合いを推進する事業に取り組みます。

◆まちづくり協議会の活動支援
 ・まちづくり協議会の取り組みを市民に周知するとともに,事業展開のアドバイス等
◆まちづくりのきっかけづくり
 ・あるもの活かしの観点から地域資源を活かし,後世に伝承する手法
◆各分野広報
 ・健康検診事業などの政策広報を実施

 また,最近あちこちの自治体で PRに“大使”を置かれておりますが,“大使”には外交というイメージがあり,「心のインフラづくり」という本市の取り組みにはなじまないと感じまして,大使に一本加えた“天使”になっていただくことになりました。「きらめき湖南天使」に,滋賀県住みます芸人のファミリーレストランを委嘱し,天使のように,軽やかに市内を飛び回り,人とひととの心のインフラを繋ぐ,“きらめき湖南の使者”となってほしいと大いに期待をしております。