メールニュース

第162号 2005年06月22日発行

八木町「八木まちづくり塾」を発足させました

昨年度,第4次八木町総合計画『~人が輝き,まちが輝く,ほんまもんのまちづくり~』に沿って,八木のまちづくりの新たな担い手づくりと,まちづくりのアイディアの掘り起こしなどを目的に,全5回のまちづくり塾ワークショップを開催しました。

 「ワークショップ」第1回目の会議では,参加者の初めての顔ぶれに,ぎこちない様子での話し合いとなりましたが,回を重ねるごとに,熱のこもった話し合いとなりました。最終回を迎える頃には,このまま解散してしまうのは,残念だという声があがり,ワークショップを超えた『ワークショップのこれから』というテーマでの話し合いを経て,参加者の中から世話人さんを中心とした『八木まちづくり塾』が発足しました。

 平成18年1月1日,周辺市町村(園部,日吉,美山)との合併後も,「南丹市」の中でもきらりと光るまち「八木」にしていきたい,八木のまちづくりについて思いを寄せる人ならどなたでも参加できる住民主体の組織『八木まちづくり塾』です。

 テーマは,「人と自然が共生できるまちづくり」
 『八木町に人を取り戻そう』『まちの中にバスを走らせ,行きたいところに自由にいける足を確保したい。』

 住民の願いはさまざまですが,交流を重ねながら末永く続く住民自らの活動となるように,組織の安定と活動のサポートを行っていきたいと思います。

 今年度については,『八木まちづくり塾』の活動サポートとあわせて,新たな担い手づくりのため,第2回目のワークショップを開催していきます。

 今後,住民参加のまちづくり企画を推進していきたいと思います。