メールニュース

第165号 2005年07月20日発行

大津市大津市と滋賀大学との協力に関する協定を締結

大津市では,平成16年度に策定した「まちづくり行動計画~大津維新~」における重点事業の一つとして「大学フォーラムの開設」を掲げ,市内や近隣の大学の優れた研究機能や専門的な人材を積極的にまちづくりに生かしていくため,大学とのネットワークの整備に力を注いでいるところです。

 去る平成17年6月27日には,昭和24年の開設以来各界に多くの優れた人材を輩出し,研究面においても多分野にわたって業績を積み重ねることにより,社会の発展に大きく貢献してこられた滋賀大学と協力協定を締結しました。

 協定締結の目的は,教育,生涯学習,文化・産業の振興,地域の活性化に関する事業などについて,積極的な地域貢献の取組を進める滋賀大学と大津市が相互の連携を一層強化し,力を合わせて,活力と魅力あふれるまちづくりのため,各種事業の円滑かつ効果的な実施を図ろうとするものです。

 大津市では,平成16年3月に成安造形大学,平成17年3月に龍谷大学とも協力協定を締結しており,今回が3番目の協定締結となります。

 なお,本市においては,今後も市内及び近隣の大学と協力協定の締結を進め,大学を生かした「知の地産地用」を図り,幅広い分野での協働を推進することにより,大津のまちの更なる活性化を目指します。