メールニュース

第188号 2006年02月01日発行

宇治田原町 京都府内初ハイブリッドごみ収集車『エコライフ号』で収集開始

宇治田原町では,平成17年12月に地球温暖化の防止や環境保全意識の高揚などを図ることを目的に,低燃費・低公害車で環境に優しいハイブリッドごみ収集車を京都府内で初めて導入しました。

 本町では,平成15年度に策定した「宇治田原町環境保全計画」に基づき,公用車の低燃費・低公害車への切替えを進めているところであり,また,平成17年1月からは,すべての再生可能な紙ごみを家庭ごみとして収集せず,集団回収してリサイクルを推進するなど,町独自のごみの減量・再資源化の取組を積極的に行っています。

 この度,家庭ごみを収集している既存のごみ収集車2台のうち,1台が買換え時期を迎えたことから,環境配慮型のハイブリッドごみ収集車を購入したもので,広くPRするため,購入に併せて愛称と側面イラストの募集を行いました。

 愛称については,12通の応募作品があり,「子孫に現在の良好な環境を引き継いでいくためには,一人一人が環境に配慮した生活・行動が求められ,環境に優しいごみ収集車でごみを収集することにより,住民にごみの3R(減量,再利用,再資源化)など環境に優しい行動を促す。」という思いを込めて応募頂いた『エコライフ号』に決定しました。また,側面イラストについては,13通の応募作品があり,応募作品を基に車体両側面にイラストのプリントを行いました。

 平成17年12月19日より『エコライフ号』は収集を始めており,色鮮やかなイラストが住民の注目を浴びています。今後,この『エコライフ号』が,ごみの減量などの環境保全の推進の一翼を担ってくれることと期待しており,小学校等の環境学習の場での活用や環境イベント等での展示などを積極的に行っていきたいと考えています。

※町ホームページに『エコライフ号』の写真がありますので,ご覧ください。
(http://www.town.ujitawara.kyoto.jp/life/index02_2.html)