メールニュース

第497号 2012年08月15日発行

大津市「大津100円商店街」について

大津の中心部にある菱屋町商店街を中心としたナカマチ界隈では,「大津100円商店街」を昨年秋より3回にわたり,開催しています。
 100円商店街とは,商店街全体を100円ショップに見立て,各店舗が選りすぐりの商品やサービスを100円で販売し,商店街の売り上げ増とリピーターを増やす集客イベントで,山形県新庄市での取り組みを契機に,全国で開催されているものです。

 かつては滋賀県下一の繁華街であったナカマチ界隈も,相次ぐ郊外の大型店の出店や消費者のライフスタイルの変化,店主の高齢化等により人の流れも変わり,近年は往年の活気がなくなっています。

 商店街の良さを知ってもらい,買い物客を商店街へ呼び戻すきっかけになればと,商店街において実行委員会が設立され,大津市と大津商工会議所が支援し,勉強会とワークショップ等をこれまで20回以上重ねてきました。

 100円商店街の商品の中には,ダイヤモンド0.01カラットや家賃1ヶ月,骨密度測定など,ユニークな商品も多数あり,毎回多くの人で賑わっています。
 期間中は,空き店舗等を活用して学生グループや地域のグループによる各種イベントも同時開催。今年6月の開催時には,東西6大学の落語研究会が競うイベントも開催され,過去最高の3万4千人が訪れました。
 100円商店街開催後にアンケート調査を行ったところ,商店主・消費者の9割が「良かった」と回答しています。

 集客イベントが,各店舗の売上に直結し,商店街の活気・やる気の創出に繋がるだけでなく,地元にどんなお店があるのかを改めて見直すことができ,地域の中で顔見知りを増やすことで安全安心の生活の基盤づくりにも貢献できると考えています。

 今年度は,9月8日(土)と3月にも,100円商店街の開催を予定しています。
 また,中心部の商店街だけでなく,市内の他地域の商店街にも順次拡大していく予定をしており,10月6日(土)には市内北部の堅田地域の商店街においても初めての開催を予定しています。
 皆さま,ぜひお越しください!