メールニュース

第503号 2012年09月26日発行

湖南市~アール・ブリュット展覧会の開催~

 昨年のアール・ブリュット展の様子  昨年のアール・ブリュット展の様子

湖南市では平成23年度より,地域主権型社会の構築を目指す,緑の分権改革に取り組んでいます。地域資源を最大限活用し,地域の自給力と創富力を高める(国などに頼ることなく,地域で生み出した富を地域で循環させる)仕組みづくりのため,市民共同発電所,福祉ツーリズム,特産品開発といった分野に重点的に取り組んでいます。アール・ブリュット展覧会は,福祉ツーリズム分野での取り組みの一環として市内施設で開催されるものです。

 アール・ブリュットとは,『生(き)の芸術(美術の専門教育を受けていない,つくり手の発想力から生み出される純粋で無垢な芸術)』という意味です。障がいのある人たちの作品が持つ芸術性に目を向け,その価値が広く認められることによって,障がいの有無に関わらない芸術の担い手としての社会参加が促されるとともに,芸術創作活動を通じた自立した生活の実現が可能になります。

 展覧会の開催に際しては,市内の歴史・自然観光資源との連携による観光客の誘致とともに,地元の子供たちや大学生との体験交流イベント等を開催することで来場者の増加を図り,広く一般の方々にアール・ブリュットのすばらしさを知っていただきたいと思います。

 アール・ブリュット展覧会
 期 間:平成24年11月10日から平成24年12月24日
 場 所:湖南市じゅらくの里(湖南市東寺)
 入館料:一人100円