メールニュース

第521号 2013年02月13日発行

久御山町久御山まなび教室

久御山町では,「久御山まなび教室」を実施しています。

 「久御山まなび教室」では,自治会や地域の諸団体が,子どもたちに体験や遊び・交流・まなびを通じて,安心安全な「子どもの居場所」を提供し,「生きる力」,「豊かな心」を身に付けさせることを目的として取り組んでいます。また,最近希薄化してきたといわれる「地域住民の絆」について,本事業を通じて,地域コミュニティの再生を図ろうとするものです。

 活動の主体は,実施地域の住民を中心とした「運営委員会」で,自治会,老人会,婦人会,PTAなどが参画しています。活動内容については,スポーツ,文化活動,異世代交流,子どもみこしなど,様々な分野があり,運営委員会で検討し,決定されます。これまでには,地域伝統文化や農業栽培体験に加え,お餅つき,お菓子づくりやグラウンドゴルフなどに取り組んでこられました。事業活動費については,町から支援をしています。活動日は,月1~2回土曜日に地域の集会所等で開催されており,現在は2地域で活動されていますが,将来的には,全地域での実施を目指しています。

 「久御山まなび教室」を通じて,地域内の子どもだけでなく,大人も顔見知りとなり,地域の絆を深められるものになると考えています。

 地域で育った子どもたちが大人になって,また地域の子どもたちを育てるといった良いサイクルを目指し,地域に根付く子どもたちを育てることが,まちのキャッチフレーズである「住んでよかった久御山」に通じるものと考えています。