メールニュース

第523号 2013年02月27日発行

宇治田原町グリーンウッドワークで身近な山の木から暮らしの道具づくりをしてみませんか

宇治田原町は,森林面積が町全体の約80%を占めており,昔から林業の盛んな地域であり,現在も森林の適正管理はもちろん,森林レクリエーション活動や木とのふれあいの場の創出事業を促進しています。

 今回はそんな宇治田原町の山の木を使って,ちょっと変わった技術で暮らしの道具づくりの体験が出来るイベント「林業のつどい」をご紹介します。

 当日は,「足踏みろくろ」や「削り馬」など普段あまり見ることのない人力による木材加工のための道具を使い,身近な山の木を「生」のまま削って椅子や器を作る実演及び体験をしていただきます。これは,「グリーンウッドワーク」という加工技術で,近年,環境にやさしい木工として注目を集めており,柔らかい生木を使用するため,初心者にも簡単に木材加工が出来るのが特徴です。

 他にも,日本でこの技術の普及に取り組んでいる「岐阜県立森林文化アカデミー」と「NPO法人グリーンウッドワーク」のスタッフが,グリーンウッドワークの盛んなイギリスやアメリカでの視察の様子などとともに,その魅力をお伝えします。

 ぜひみなさんも,生の木の削り心地を味わってみてください。

「第3回 林業のつどい」
■日時 平成25年3月10日(日),午後1時10分~午後5時(午前12時30分から受付開始)
■場所 宇治田原町林業センター 2階研修室
京都府綴喜郡宇治田原町大字立川小字立川22-1
■参加費 500円(定員60名)
■お問い合わせ先
 宇治田原町山の活用を考える会(宇治田原町森林組合内)☎0774-88-4088
 宇治田原町役場産業振興課 ☎0774-88-6638