メールニュース

第578号 2014年04月16日発行

長岡京市「ガラシャおもかげの水」~地下水100%の水道水が飲める場所~

長岡京市では,西山で育まれた地下水のみの水道水を利用できる施設として,勝竜寺城公園内に地下水100%水道水供給施設「ガラシャおもかげの水」を設置しています。この施設は,平成19年1月に,地下水の保全や水道事業に関心を深めていただき,地下水を限りある資源として末永く利用していただくために整備しました。施設名は,勝龍寺城に縁の深い細川ガラシャが,夫忠興とこの地で過ごした日々,城内の井戸の水面にその姿を映し出したであろう歴史のロマンにちなみ名付けました。毎日,多くの市民の皆さまが,地下水100%の水道水を汲みに訪れています。

 また,平成25年12月には,本市の給水開始50周年と阪急「西山天王山駅」開通を記念し,駅前広場に新たな地下水100%水道水供給施設として「秀吉(備中)大返し力水」を整備し,市内で2箇所目の供給施設が誕生しました。施設名は,本能寺の変を知った羽柴(豊臣)秀吉が,備中高松城(岡山県北区)からこの地までの約200キロメートルを10日で踏破し,明智光秀を打ち破ったことに由来しています。公共交通機関を利用される皆さまにも,身近に利用していただける施設となっています。平成26年度には隣接する駅前東口の公園内に,地下水100%水道水の水汲み場も完成する予定です。

 本市は,平成12年10月から京都府営水道の受水を開始し,地下水と府営水をブレンドした水道水を供給しています。自然の恵みである地下水と府営水の二元水源の確保により,安全で良質な水道水を安定的に市民の皆さまにお届けすることができるようになりました。今後も限りある大切な地下水を末永く利用し,安定的に安全な水道水の供給に努めてまいります。