メールニュース

第470号 2012年02月08日発行

高島市若者定住促進プロジェクト展開中

高島市では,地域に活気を呼び込み,地域を支える活力となる若者の移住・定住を進めています。

 定住住宅への補助や就業の場の創出,通勤・通学環境の利便性向上,子育て支援策の充実などの施策の傍ら,定住したい人を受け入れるための取り組みを行っています。

 一昨年から「定住相談窓口」を開設し,専属の相談員が住まいや仕事などの相談をお受けしており,定住の実績も上がってきています。また,新たに住民となられる方が地域を理解し,その一員としてより良い関係を築いていただくため,地域の生活ルールなどをわかりやすく冊子にまとめた「地域の教科書」づくりも,昨年度までに19地区で取り組んでいただきました。

 昨年4月には,集落の中で眠っている活用可能な空き家を調査し,移住を求める若者に有効に利用していただけるよう,「空き家紹介システム」をスタートさせ,移住者の受け入れ可能な協力地区を募り,物件を掘り起こし,利用可能な空き家に新たな仲間が住まうことによって,地域コニュニティの維持に繋げていこうとするもので,現在7件の空き家が登録されており,今後移住希望者とのマッチングを進めていくことになります。

 このほかにも,「定住応援サイト」の開設や,移住・定住について語り合うミニ集会の開催,移住体験施設を運営する任意団体「結びめ」との協力事業やイベント支援など,ソフト面でより良い移住・定住が実現するよう施策を実施しています。

 定住に関するお問い合わせは,市民環境部市民活動支援課【電話0740(25)8526】までお願いします。

空き家紹介システムスキーム(PDF)