メールニュース

第476号 2012年03月21日発行

竜王町竜王町の学校給食

心と体が大きく成長する時期にある子どもたちにとって,毎日の学校給食はとても大切なものです。

 竜王町では,早くから学校給食の充実を図り,幼稚園から中学校までの子どもたちのため,1年のうち約190日,一日約1,400食の給食を作り,子どもたちにおいしい給食を提供しています。

 自己炊飯給食 による週4回の米飯給食は,100パーセント竜王産環境こだわり米のコシヒカリを使用し,炊飯ジャーで炊きあげ,炊飯ジャーに入った温かい状態のまま,子どもたちに届けています。

 また,食材も出来るだけ地元のものを取り入れるなど工夫をこらしたメニューで,安全・安心おいしい給食,健康・体力向上のため栄養バランスに配慮した,バラエティーに富んだ楽しい献立の提供を心がけています。

<バラエティー豊かな献立の紹介>
○ ふるさと給食・・・毎月19日(食育の日)を基準に町内・県内の特産品を使った献立を提供
○ パーティー給食・・・卒園・卒業生の卒業を祝ってパーティー給食を実施。
              (幼稚園・小学校)
○ バイキング給食・・・バイキング形式で,自分で健康的な食事バランスを学びます。
              (中学校卒業時)
○ 鍋給食 ・・・鍋を囲み歓談しながら食事を楽しみます。
○ かみかみ給食・・・噛み応えのある食品を取り入れ,「よく噛んで食べる」機会を提供
○ お誕生給食・・・その月生まれの子どもたちを祝って,人気の献立を提供
○ 行事献立・・・節分,ひな祭り等日本古来の季節行事に合せ,行事にちなんだ献立を提供

 このようなバラエティー豊かな献立を通じて食文化やマナー,食の知識を楽しく学んでもらいながら食育を子どもたちに意識付けすることにより,生きる上での基本である知育・徳育を身につけられるよう,今後も学校給食を生きた教材として活用し,食育をすすめていきます。