メールニュース

第477号 2012年03月28日発行

高槻市JR高槻駅北東地区都市開発事業 いよいよまちびらき!

JR高槻駅に近接する当地区は,平成16年度に都市再生緊急整備地域に指定されて以降,「高槻の新たな顔にふさわしい良好な都市環境の形成」を目指して,組合施行の土地区画整理事業と民間事業者による施設建築物整備からなる都市開発事業を進めてきましたが,いよいよこの4月1日に“まちびらき”を迎えます。

 本事業は中心市街地の大規模工場跡地を含む9.3haを対象としており,このうち土地区画整理事業では,駅前にふさわしい都市基盤を形成するため,道路・公園等の公共施設整備や大街区での宅地整備を行い,3年8ヶ月という短期間に完了させました。
また,施設建築物整備においては,高槻の中枢都市拠点として商業・業務・居住・福祉・教育等の多様な都市機能の導入を図るものとし,これまでに関西大学高槻ミューズキャンパス・愛仁会リハビリテーション病院・西武パーキング館が完成しており,今後,超高層タワーマンション2棟と複合施設2棟が,平成26年度の全事業完了までに完成する予定です。

 本地区の特徴のひとつに,官民の関係者が一丸となってまちづくりに取り組んでいることが挙げられます。事業の初期段階では,市と関係者が意見交換を重ね,目指すべき方向性をすり合わせてきました。また,施設整備段階では,地区とJR駅を直結するペデストリアンデッキなどを,土地区画整理組合・民間事業者が統一感のあるデザインで整備しました。さらに整備後の維持管理については,官民一体となって公共施設の維持管理を効率的に行なうことや放置自転車対策を行っていきます。

 本市としては,本事業を通じて,新快速停車駅でもあるJR高槻駅周辺の魅力と活力の向上,さらには中心市街地全体への波及効果の創出を図り,「関西の中央都市」高槻が「住みたい・住み続けたい・訪れたいまち」として多くの方々に魅力を感じていただけるよう,引き続き様々な取組みを進めていく予定です。

 なお,3月31日(土)13時~16時30分には,「MUSEたかつき まちびらきフェスタ」として,イザ!カエルキャラバン!(子どもを対象としたゲーム形式での防災教育)やフリーマーケットなどのイベントが当地区内で行われます。ぜひお越しください。