メールニュース

第430号 2011年04月13日発行

亀岡市セーフコミュニティ活動で笑顔あふれるまちづくり

セーフコミュニティ活動で笑顔あふれるまちづくり
 不慮の事故や犯罪,自殺などは予防できることをご存知ですか。  安全・安心のまちづくりに取り組む亀岡市は,平成20年3月に日本で初めてセーフコミュニティの認証を取得しました。これは,WHO(世界保健機関)地域の安全向上のための協働センターが,地域や行政などが一体となり,安全なまちづくりを進めている都市を認証する制度です。  本市では,これからも日本一のセーフコミュニティ都市を目指してさまざまな活動に取り組んで行きます。

世界中に広がる安全と安心
 セーフコミュニティは,1989年にスウェーデンのリードショッピングという小さな都市が認証を取得して以来,世界中で約230の都市が取得。現在も,150を超える都市が取得を目指しており,世界的な広がりを見せています。  日本国内でも,本市に続き十和田市(青森県)や厚木市(神奈川県)が取得するなど,安全で安心なまちづくりの重要性が再認識されています。  「けがを引き起こす事故などは,その原因を追究し対策をすることで予防できる」とするセーフコミュニティの理念のもと,地域の特色を生かしたまちづくりが進められています。

亀岡から発信世界基準の活動
 セーフコミュニティ活動推進都市の亀岡市は,これまでから「安全・安心こそ最大の福祉」を市政の基本理念として,子どもの見守り活動や高齢者の健康づくり,安全・安心マップの作成などに地域の皆さんと取り組んでいます。また,各地域での防犯パトロールなどの活動により,平成21年の街頭犯罪件数は,平成18年と比べ約3割も減少しました。  そして,第4次亀岡市総合計画~夢ビジョン~では,これらの活動をさらに広めるため,安全・安心に関するネットワークの拡大やシンポジウムの開催など,多くの人がセーフコミュニティ活動に参加できる体制を整えていきます。  安全で安心な生活は全ての人の願いです。本市ではこれからも皆さんと共に,笑顔と温もりがあふれるまち亀岡をつくっていきます。

私も応援しています
セーフコミュニティ公認コーディネーター
白石陽子さん
 亀岡市が認証を取得できたのは,皆さんの“より安全で住みやすいまちにしたい”という想いがWHOの関係機関に届いたからだと感じています。これからもその想いを忘れずに,みんなで安心して暮らせるまちを目指してほしいですね。  世界では,セーフコミュニティの「家族」が増えています。亀岡市は,日本で初めて取得した「家族の一員」として,全国をリードしてください。