メールニュース

第396号 2010年07月28日発行

宇治田原町宇治田原町における“協働のまちづくり”の基本的な考え方を定めた「宇治田原町ともに創るまちづくり推進条例」を制定・施行しました

町では,宇治田原町における「協働のまちづくり」の基本的な考え方を定めた「ともに創るまちづくり推進条例」を平成22年4月1日に制定・施行しました。
 今後,本条例に基づく「協働のまちづくり」の推進に向け,住民の皆さまとともに協議しながら,その具現化に向けた取り組みを進めていきます。

□条例の特徴
① 「協働のまちづくり」の位置付けを明らかにし,まちづくりの根本としています。
② 「協働」や「まちづくり」といった,よく使われるが定義が不明確である言葉について,定義づけを行い「協働のまちづくり」の姿勢をより明確にしています。
③ 「協働のまちづくり」を推進するため「条例を推進するための協議会」の設置を謳っています。

□条例の構成
 ・前文
 ・第1章 総則(第1条・第2条)
 ・第2章 ともに創るまちづくりの理念及び基本原則(第3条-第5条)
 ・第3章 まちづくりにおける住民の役割等(第6条・第7条)
 ・第4章 まちづくりにおける町の役割等(第8条-第10条)
 ・第5章 ともに創るまちづくりの推進(第11条・第12条)
 ・附則

□策定までの過程

○『ともに創るまちづくり』シンポジウムを開催
 「住民と行政との協働のまちづくり」を推進するための基本的な条例の制定に向け,「協働のまちづくり」の取り組みについて考えるとともに,条例骨子の啓発,素案策定に向けた意見提案を求めるため,シンポジウムを開催。

○条例素案に対する住民意見募集(パブリックコメント)の実施

□ 条例を推進するための協議会の設置に向けた検討
 「ともに創るまちづくり推進条例」の普及啓発・具現化に向けた協議や,条例に定められた「住民と町による協議会」の立ち上げに向けた検討を行うため,町内で自主的なまちづくり活動をされている住民の方々などによる「ともに創るまちづくり推進委員会」を平成22年6月25日に設置しました。