メールニュース

第424号 2011年02月23日発行

八幡市平成22年度「第11回乙訓・八幡歴史ウォーク」 ~西国街道,東高野街道から乙訓・八幡の歴史を探る~開催のお知らせ

向日市・長岡京市・大山崎町・八幡市で組織する乙訓・八幡歴史ウォーク実行委員会主催によるウォークが3月19日土曜日に開催されます(小雨決行,荒天の場合は中止)。参加については事前申込みは不要で,当日3ヶ所設けられる受付場所にて参加申込を受け付けます。受付時間はそれぞれの会場にて午前9時30分から10時までとなっています。ウォークの終了時間はゴール地点にて午後3時となっています。

 「竹の里」乙訓及び八幡地域は,豊かな自然と多くの歴史遺産に恵まれています。四季折々の西国街道や東高野街道などを散策し,今に伝わる伝説にふれ,往古に思いを馳せながら歴史と自然を楽しんでいただくとともに乙訓・八幡の観光を広くPRすることを目的として開催しています。

 3ヶ所の受付場所は阪急京都線洛西口駅と大山崎駅,京阪本線八幡市駅すぐの安居橋・さざなみ公園となっています。

 安居橋・さざなみ公園では,「石清水八幡宮とガラシャの里コース」(約10.4キロメートル)の受付となります。安居橋から石清水八幡宮,石清水社,泉坊・松花堂跡,高良神社,一の鳥居,航海記念塔を経て,御幸橋を渡って大山崎町,長岡京市に入り,中山修一記念館,恵解山古墳,勝竜寺城公園,神足ふれあい町家を巡り,長岡天満宮にてゴールとなります。

 また,阪急大山崎駅をスタートし,八幡市にむかうコースも用意されています。阪急大山崎駅の受付場所から,八幡市を目指す「三川浪漫コース」(約6.6キロメートル)は4コース設定されている中で一番距離の短いものです。受付場所を出発し,大山崎町歴史資料館,御幸橋を渡って八幡市に入り,航海記念塔,一の鳥居,高良神社,石清水八幡宮に登って下り,中腹の石清水社,泉坊・松花堂跡,相槌神社,放生川,安居橋・さざなみ公園のゴールとなります。

 他には,同じく阪急大山崎駅を受付場所とする「秀吉の道からガラシャの里コース」(約9.2キロメートル),阪急洛西口駅を受付場所とする「かぐや姫と西山の里コース」(約12.0キロメートル)の各コースが設定されています。

 問合先
 八幡市環境経済部商工観光課
 代表 075‐983-1111