メールニュース

第426号 2011年03月09日発行

久御山町久御山町地域福祉計画・地域福祉活動計画について

久御山町では,住民みんなで進めていく地域福祉のまちづくり計画となる「久御山町地域福祉計画・地域福祉活動計画」(くみやまaiをつなぐ絆プラン)の策定に取り組んでいます。

 この計画は,地域福祉推進の基本理念や基本方針,そして具体的な取り組みを示し,みんなが久御山町の地域福祉の担い手として参画することで,誰もが生涯にわたって安心して暮らし続けることのできるまちづくりを進めることを目的にしています。

 計画の位置付けとしては,久御山町の行政施策を示す「地域福祉計画」と,久御山町社会福祉協議会が主体となって住民や民間組織の活動方針をまとめた「地域福祉活動計画」を一体的に策定するものです。

 計画の策定方法としては,久御山町と久御山町社会福祉協議会が中心となり,検討主体となる「久御山町地域福祉計画及び地域福祉活動計画策定委員会」を設置して,地域住民や福祉関係団体等と協働し策定に向けて検討してきました。この策定プロセスも住民の福祉への関心と理解を深め,地域福祉に参加を促す「学びの場」として重要なものと位置付けています。
 具体的には,久御山町の住民が,ワークショップ方式で自分たちの地域の課題やあるべき姿,そのために必要な取り組みについて話し合う「住民福祉懇談会」(抽出した6地区で延べ11回開催)を行い,また,「久御山町の地域福祉に関するアンケート調査」(18歳以上の無作為に抽出した住民1,700人対象),福祉関係団体懇談会を実施しました。さらに,3月1日~3月15日までの間,パブリックコメントを実施しています。

 今後は,パブリックコメントの終了後に策定委員会を開催し,策定に向けて最終的な調整を行っていきます。