メールニュース

第343号 2009年06月03日発行

高島市高島に新しい交流拠点が誕生しました

☆たかしま市民協働交流センター 開設
 市民活動団体と行政の間にたって,様々な活動を支援する公設市民営の中間支援組織であり,市民,NPO・市民活動団体,自治会などの活動や交流を支援し,市民と行政の協働によるまちづくりを推進する拠点施設です。
 高島市内のNPO,ボランティアグループ,自治会などの活動や交流を支援し,市民と市民,市民と行政とを結ぶ交流の輪を広げ,地域活動をお手伝いすることを目的としています。

☆高島市物産振興会のアンテナショップ新設
 高島市物産振興会のアンテナショップ(常設)として西武百貨店大津店1階食料品売り場の近江の味コーナーで平成21年4月23日に新設。
 滋賀高島の特産品を広く紹介し販売する常設コーナーとして8店舗が参加しています。また,秋にはこだわり米,藁納豆,柿,新鮮野菜等の販売も予定しています。
 アドベリー商品,平飼い卵,天然醸造しょうゆ等高島の逸品が揃っておりますので,ぜひ一度お立ち寄りください。

☆高島市都市農村交流施設“おっきん椋川交流館”オープン
 過疎化が進んでいる地域の活性化を推進するため,今津町椋川に現存する木造草葺平屋建の農家住宅(明治12 年)を都市住民との交流の拠点施設として整備し,併せて当該建物を建設当時に近い形に修復再現し,民俗学的文化施設(入母屋造茅葺平入の大浦型農家)としての保存を図りました。