メールニュース

第349号 2009年07月15日発行

日野町総合計画の策定に向けてワークショップ「まちづくり懇談会」を開催!

〇7つの公民館でワークショップ「まちづくり懇談会」を開催!
 日野町では,平成23年4月からの10年間を計画期間とする「第5次総合計画」の策定に向けて取り組みを進めています。策定にむけ,今後のまちづくりについて,広く住民の方と話し合い,さまざまな意見を計画に活かすことを目的に,町内の7つの公民館でワークショップ「まちづくり懇談会」を開催しています。まちづくり懇談会は,各公民館で2回程度開催することを予定しており,6月には,各公民館で1回目のまちづくり懇談会を開催しました。

〇日野町の『強み』と『弱み』
 1回目のまちづくり懇談会では,「教育」「保健・福祉」「環境・生活」「産業・都市基盤」という4つの部門に分かれて,日野町の『強み』(できていると思うところ)と『弱み』(できていないと思うところ)を話し合いました。
 日野町の『強み』としては「町外・県外へのアクセスがよい」「自然環境や景観がよい」「各地区に公民館があり,社会教育活動が充実している」「各地区に安全なまちづくり協議会がある」「福祉会の活動が活発に行われている」などがあげられました。
 また,日野町の『弱み』としては,「周辺部の医療機関が減少している」「空き家が多い」「飲食店など店が少ない」「子育ての学習や交流の場が少ない」「地域での高齢者への支援が十分でない」などがあげられました。部門別に話し合っていただきました内容については,それぞれに発表をしていただき,参加者全体で課題を共有しました。

〇2回目のまちづくり懇談会を開催します
 7月中旬から,各公民館で2回目のまちづくり懇談会を開催します。2回目のまちづくり懇談会では,日野町の『強み』をさらに伸ばす方法,日野町の『弱み』を解決する方法を参加者のみなさんといっしょに考えていきます。