メールニュース

第362号 2009年10月28日発行

久御山町久御山町犯罪被害者等支援制度

久御山町では,本年4月に京都府の市町村で初めてとなる久御山町犯罪被害者等支援条例を制定し,同年5月に実施要綱を定めました。
 犯罪被害者等を支援する内容は,次のとおりです。

①相談・情報提供
 犯罪被害にあった在住,在勤の方に対し,面接または電話による相談・情報提供を行います。
②見舞金の支給
 犯罪行為により不慮の死または傷害の被害にあった場合に支給します。
 ・遺族見舞金 30万円 / 傷害見舞金 10万円
③資金の貸付
 犯罪行為により不慮の死または傷害の被害にあった世帯の経済的自立と生活意欲の向上を図るため,資金の貸付を行います。
 ・貸付額 1世帯当たり30万円以内
 ・償還期限 貸付の日から2年以内,据置期間は4ヶ月以内
 ・償還方法 一時払いまたは分割払い
 ・その他 無利子 無担保 保証人不要
④日常生活の支援
 日常生活を営むのに支障がある犯罪被害者等に対し,介護,家事,保育等の日常生活の支援を行うホームヘルパーを派遣することにより,犯罪被害者等が受けた被害の軽減および回復に資します。
⑤就業の支援
 犯罪被害者の雇用の安定を図るため,犯罪被害者等がおかれている状況を,事業主に理解を求め,京都ジョブパークやハローワーク等関係機関とも連携を図りながらサポートします。

 誰も,自分や家族が,犯罪により被害を受けることになるとは思ってもいないはずです。しかし犯罪が,突然,自分の身に降りかかる場合もあります。そんなとき,どうしたらいいのか,どうなっていくのかなどの不安を感じても,誰に相談をしていいのか分からないこともあります。
 被害者やその遺族の負担や不安をできるだけ和らげるため,国,京都府および民間支援団体等と連携・協力を行いながら,犯罪被害者等支援の推進を図っていくこととしています。