メールニュース

第379号 2010年03月24日発行

東近江市退職シニアの地域デビュー支援事業

東近江市では,高齢者が長年培ってきた豊かな経験や技能,知識を生かして楽しみながら地域社会に貢献できるよう,「団塊の世代」を始めとする退職シニア(男性)の活動のきっかけづくり・地域での居場所づくりとなる“地域デビュー”を支援し,ともに支え合う豊かなまちづくりを進めています。

<実施事業>
○東近江いきいきシニア交流会
 これから何かを始めたいというシニア世代と,地域で活動しているグループや団体との情報交換・出会いの場として開催。開催場所を,昨年度までの文化施設から商業施設へと変更したことで,事前周知ができていなかった方々も交流会へ参加された。

○おやじのための『健康☆仲間』づくり講座
 退職後の人生を健康でいきいき暮らせるよう,仲間づくりのきっかけとなる6回連続講座を開催。受講者同士の交流が図れるよう,講座の初日に受講者の写真入プロフィール冊子を配布し,また,前年度講座から誕生したシニアグループを講師に向えて講座を運営。

○里山で学ぶ“いい大人”講座
 シニア世代の生きがいづくり・仲間づくりと,里山保全活動をコラボさせ,全9回にわたり開催(委託)。講座期間中も,参加者による口コミ効果で新規参加者を随時募集しながら運営。

○セカンドステージ講座
 まちづくり計画にシニア世代の力を複合できるよう,地域密着型体験メニューによる講座を全7回にわたり開催(委託)。

○退職シニア地域デビュー講座
 地域デビューへのきっかけづくりとして,シニア活動の紹介やボランティア体験を内容に組み入れ,全4回にわたり開催(委託)。シニア世代の新しい仲間づくりや生きがい探しが,地域活動につながることを目的として講座を運営。

○シニアパソコン講座
 パソコンの技術習得だけでなく,パソコンを通じた仲間づくり,シニア人材の発掘,地域活動を目的として全22回の講座を実施(委託)。

 シニア世代の社会参加を推進するための情報提供や仲間づくり事業を実施することは,退職後の閉じこもり予防や健康づくり活動となり,介護予防につながると期待されます。今後は,仲間づくり事業だけでなく,活躍の場となる受け皿づくり事業を発展させ,地域の担い手となる自主活動グループを支援し,住民自らの手によるまちづくり活動やコミュニティの活性につながるよう有効な人材資源の還元を図ります。