メールニュース

第328号 2009年01月19日発行

宇治市源氏物語のまちづくりについて

京都府南部に位置する宇治は,世界遺産の平等院や宇治上神社をはじめ,多くの史跡・文化財が比較的狭い範囲に集積し,宇治川の清流とあいまって比類のない歴史的景観を形成しています。また,古典文学の世界でも,紫式部による世界最古の長編小説「源氏物語」の最後を飾る宇治十帖の主要な舞台として知られる地でもあります。
 この源氏物語を将来に向かって広く語り継ぎ,まちづくりのテーマとして様々な事業に取り組んでおり,平成20年度は,源氏物語が歴史に登場してから千年目にあたるため,「源氏物語千年紀」として,様々な記念事業を行いました。

 そのひとつの事業として,「宇治ユビキタスガイド実証実験」という事業を実施しました。事業内容は,宇治を訪れた観光客にユビキタスコミュニケータという携帯情報端末を貸出し,観光情報を健常者の他に障害者や外国人に,音声・動画・文章で宇治を紹介するもので,「いつでも,どこでも,だれでも」が必要な情報を手軽に入手できるという,ユビキタスガイドの運用の検証を行いました。

 事業に参加していただいた方からは,「初めての土地で,道に迷わず楽しい旅行ができた」とか,「物語にまつわる情報がその場で手軽に入手出来るのは便利」などのご意見や,「端末の操作が難しい」「端末の画面が小さく見にくい」など課題となるご意見もいただきました。今後,情報発信方法の,様々な検討課題が抽出されました。

 宇治の「源氏物語のまちづくり」を引き続き実施するには,源氏物語とうい空想の世界と,千年の歴史がある寺社仏閣の時間などを,現在の宇治とどう組み合わせて表現し,魅力あるコンテンツを作ることに課題点であり,反面,無限大に魅力を引き出す可能性を秘めていることを,事業を担当した者として強く感じました。

 今後も,「源氏物語ゆかりの地」として,源氏物語をテーマにしたまちづくりを進めていき,「源氏物語の宇治」を全国に紹介していきたいと考えています。また,「宇治市源氏物語ミュージアム」には,物語の世界と千年の時間を現代に結びつける,アイテムをご紹介できると思います。ぜひ,「源氏物語の宇治」にお越し下さい。

源氏物語ミュージアムURL: http://www.uji-genji.jp/