メールニュース

第331号 2009年02月04日発行

京田辺市 まちづくりチャレンジリーダー講座~市民と行政の協働によるまちづくり~

京田辺市は,まちづくりに関心のある方,活動している方,活動してみたい方などを対象に,「まちづくりチャレンジリーダー講座」を開講しています。

 この講座は,「市民のみなさんと行政の協働によるまちづくりを進めるため,積極的にまちづくりに関わっていこうと考えている市民のみなさんに,様々な知識や手法などを講義や実例などを通して勉強していただく機会を提供し,今後,主体的なまちづくり活動の核となっていただけるよう支援をすること」を目的に,平成19年度から3年間限定で開催しています。この間,約60人の市民の方に受講していただくことになり,市はこの方々が地域活動のリーダーとして活躍されてゆくことを期待しています。

 講座のコーディネートを同志社大学政策学部の今川晃教授にお願いし,単なる講義だけではなく,ワークショップ実習や先進地への視察,市内見学を盛り込んだ,楽しい飽きのこない講座になるよう心がけています。

 今川晃教授をはじめ,きょうとNPOセンターの深尾昌峰常務理事や地域で活動されているNPO法人の関係者,京都府職員,京田辺市職員に講師を務めていただき,同志社大学生もワークショップ実習の助手として携わっていただいています。

 講座は,受講生のみなさんから好評をいただいており,ワークショップ実習などでは,積極的に議論に参加される姿勢が見られます。今後,これをきっかけにまちづくり活動を始められる方が一人でも多く出ることを期待しています。

 また,まちづくり活動をしようと考えられている方には,ソフト面からのサポートとして,対象経費の2分の1以内で100,000円を上限に補助金を交付する「京田辺市市民活動推進補助金」を創設して活用いただいています。

 本市では,この講座を修了した人が京田辺市のまちづくりにどのように関わられるのかを追跡調査し,その効果を測って今後の行政運営の参考にし,市民のみなさんとの協働によるまちづくりを進めていこうと考えています。