メールニュース

第59号 2003年01月22日発行

美山町山林を通じて都市との交流を目指す~「美山共育の森」,「美山林業体験学校」~

美山町は京都府のほぼ中央に位置する面積34,000haの由良川流域最上流の町です。
 本町もかつては人の営みや地域社会と深いかかわりを有してきた里山林を始め,身近な森林は生活様式の変化に伴う利活用の低下や林業の不採算性等から,手入れ不足に陥っています。その反面,本町を象徴付けるかやぶき民家と一体となる景観形成の役割や児童生徒の学習の場や都市との交流拠点等として多様な要請も高まっています。

 本町ではこうしたフィールドを活動の拠点とし,現在,都市住民を中心に参加者を募り,自立的な活動による手づくりの森林整備の体制を立ち上げ,山村の暮らしと森林林業に対する理解を深め,交流による地域づくりを推進しています。

≪美山共育の森とは?≫
 昨年度(平成13年度)に森林整備ボランティア団体「美山共育の森」を発足しました。「楽しく汗をかく」をモットーとし,森林整備を中心に植樹や芦生原生林ハイキングといった町内各種イベントへの参加,協力を主な活動としています。現在は会員数22名(全員美山町外)と小さい団体ですが,いずれは林業知識,技能を身に付け,荒廃した山林の救世主になることを願っています。
 なお,「美山共育の森」は現在も会員を募集しておりますので,下記問合せ先までご連絡下さい。
 
≪美山林業体験学校について≫
 「美山林業体験学校」は,本町の山林で林業教室を開き,今秋に第6回を終えたところです。来年度(15年度)の第7回は,従来の初心者向けと合わせて上級者向けの林業教室も実施したいと考えています。開催日は毎年秋としており詳細はホームページや新聞に掲載いたします。

 問合せ先:美山町役場産業振興課林政係
       TEL 0771-75-0310(代)

        美山町森林組合
       TEL 0771-75-0200