メールニュース

第667号 2016年02月03日発行

京都府「京都移住コンシェルジュ」の東京への配置について

京都府では,農山漁村で暮らしたいと考えている都市部の若年層を中心とした移住希望者に様々な支援を行っています。
 平成26年10月から,移住希望者のニーズにきめ細かく対応し,相談対応から現地案内,地域定着までの伴走支援を行う総合案内人「京都移住コンシェルジュ」を大阪に配置した結果,相談者数が前年同期比約4倍に急増しています。
 この度,新たに首都圏から京都への移住の流れを作るため,東京に「京都移住コンシェルジュ」を2名配置し,移住希望者の相談対応を開始しました。

 毎週水~金曜日に京都府東京事務所にて移住相談窓口(※事前予約制)を開設するほか,土・日曜日には,ふるさと暮らし情報センター・東京(千代田区有楽町 東京交通会館内)等にて移住希望者を対象としたセミナー,相談会等のイベントを開催しております。

 1月9日~11日には,東京の神保町にて「Discover Another Kyoto 京都に還るをつくる3日間」を開催し,京都府の各地で新しいスタイルで暮らし,働く12名の実践者達と,今は京都(地元)を離れながらも引き続き関わりを持ちたい人達が集い,京都の田舎暮らしの可能性を探りました。

 今後も「しごと」「子育て」「ちゃんと食べる」等をテーマとしたワークショップや,農林漁業就業相談会,田舎暮らしの体験や空家見学を実施する現地ツアーなど,様々なイベントを実施していく予定です。最新イベントや各種詳細については,京都府移住ポータルサイト「京の田舎暮らし」(http://www.kyoto-iju.jp)を御覧ください。

 都会から少し離れて暮らすという選択肢が,実は京都にもあるということを知る人は,あまり多くないかもしれません。
 今まで知らなかった京都の山,あるいは京都の海で,共に暮らす仲間と出会い,自分の暮らしや仕事をつくる。そんな,少し冒険にも似た,田舎への移住を「京都移住コンシェルジュ」はお手伝いします。