メールニュース

第720号 2017年02月08日発行

栗東市栗東市魅力発信塾について

 栗東市は,人口が昭和35年から継続して増加しており,比較的若い階層の新規流入世帯の増加により,年少人口や合計特殊出生率は全国的にも突出して高い状況にあり,平成27年度に策定した栗東市人口ビジョンの推計でも,当面は引き続き人口の増加を見込んでいる全国的にも珍しい地域となっております。

 しかし,今後,少子高齢化に伴い人口減少へ転じると予測されるため,現段階から危機感を持ってまちの活力維持及び向上を図るための取組を進めていく必要があると考えています。
そこで栗東市では,市民のまちに対する愛着の醸成,さらには,対外的にまちのPRを行うことによりまちの魅力発信につなげ,特に若い世代の方に対する地域イメージの向上や定住環境のアピールを行うため,シティセールス戦略の一環として,今年度から「栗東市魅力発信塾」を開催しています。

 「栗東市魅力発信塾」では,フェイスブックとスマートフォンを利用している市内在住・在学・在勤で18歳以上の方を対象に,市と一緒に栗東の魅力をそれぞれの視点で発信する協働型フェイスブックのメンバーを募集し,これまで,プロのライターや写真家による文章講座や写真講座などを受講していただき,情報発信するためのノウハウを楽しく学んでいただいています。

 今後は,フェイスブックへの投稿をはじめ,栗東の魅力がつまった冊子の編集や栗東市をPRする動画の制作などを予定しています。

 市民自らがまちの個性や魅力づくりに直接関わって情報発信してもらうことにより,まちへの愛着が高まることや市民が求める共感性の高い情報発信ができ,また,市民目線での情報発信は,他の市民に対してまちづくりへの関心を広めるきっかけになると考えています。