メールニュース

第721号 2017年02月15日発行

野洲市フォーラム野洲2016を開催しました!

 野洲市では,国の地方創生加速化交付金を活用し,「安心と豊かさを実感できるまちへ」をテーマに,「フォーラム野洲2016」を全4回開催しました。
 本市では,少子高齢化や人口減少を見据えた今後のまちづくりとして,コンパクトシティによる都市機能の誘導,地域の中核的医療機関のあり方の検討,所得の2極分化により増大している生活困窮者の生活再建支援,心を豊かにする文化とふれ合う場の創出などの取組を進めています。
 これらの課題や取組について,改めて市民の皆さんに広く共有し,これからの野洲市のまちづくりを一緒に考えていくことを目的に,本フォーラムを以下のとおり開催しました。
 
〇第1回:8月7日(日)「安心と豊かさを実感できるまちへ」(キックオフ・フォーラム)
〇第2回:8月20日(土)「誰もが安心して豊かに生きるためにできること」
〇第3回:9月22日(木・祝)「新しい自治体病院をめざして」
〇第4回:12月4日(日)「多面的・先端的な野洲のまちづくり」(総括フォーラム)
※時間はいずれも午後1時~4時

 第1回のキックオフ・フォーラムから第3回のフォーラムまでは,「市民が安心して心豊かに暮らせるまちとライフスタイルとは何か?」について理解を深めるとともに,福祉分野,医療分野,まちづくり分野の識者により,各々の分野における課題を明らかにすることで,市民の皆さんが主体的に課題解決に向かうきっかけとなりました。
 また,最終の第4回の総括フォーラムでは,明らかになった課題を踏まえ,市民が安心して心豊かに暮らせる新たなまちづくりとライフスタイルを提案しました。
 いずれの回も数多くの方に御参加いただき,「まちづくりを考える良い機会になった」などの御意見を頂きました。
 今後についても,「市民がまちを育て,まちが市民を育てる」考えのもと,「市民の元気と安心を伸ばす」まちづくりを目指し,本フォーラムのような市民が積極的にまちづくりについて考える場を提供していきたいと考えています。