メールニュース

第722号 2017年02月22日発行

高島市第2次高島市総合計画を策定!

第2次高島市総合計画 第2次高島市総合計画

 高島市では,平成29年度を初年度とする10箇年のまちづくりの方向性を示す「第2次高島市総合計画」を策定しました。近年の社会情勢は大きく変化し,少子高齢化の進展に加え,人口減少社会の到来という歴史的な転換期を迎えています。

 このような新たな課題への対応を図るため,第2次総合計画においては,第1次計画の施策体系を大きく見直し,本市の持つ貴重な資源を次世代につなぎ,更なる発展,飛躍を遂げるため,今後の10年間に必要となる施策を盛り込みました。

 策定に当たっては,職員によるプロジェクトチームが中心となって,現場を出発点に様々な調査や将来展望などを行うとともに,今回初めて実施した無作為抽出による市民ワークショップ,市民や中高生アンケート,市政モニターアンケート,各種団体との意見交換会など,多くの市民から頂いた御意見を計画に反映しました。

 第2次総合計画は,平成28年11月4日に総合計画策定審議会から答申を頂き,平成28年12月議会において議決されました。

 この計画は,市の最上位計画であるとともに,市民と行政が共に考え,共に行動し進めるまちづくりの計画であり,まちづくりの方針は市民の暮らしに視点を置き,「高島の「恵み」と「誇り」を最大化!!―住みたい,住み続けたいまちの実現―」としています。

 これから高島市は大きな変革の時代を迎えます。その中においても,高島市の魅力を更に高めることで,市民に「住みたい,住み続けたいまち」と思ってもらい,将来に責任が持てる持続可能な高島市を実現するために,総合計画の着実な推進を図ります。

 これからの市政運営には,職員だけでなく市民一人ひとりの知恵と力が必要です。第2次高島市総合計画の目指す方向性を市民の皆さんと共有しながら,次の世代に責任が持てる未来づくりのスタートにしたいと思います。