メールニュース

第736号 2017年06月07日発行

大山崎町防犯カメラの運用開始について

 大山崎町では,安心・安全のまちづくりを推進するため,平成29年4月1日から町内5箇所で防犯カメラの運用を開始しております。
 街頭犯罪に対する抑止効果を上げつつ,万が一,事件事故が発生した際には主に警察機関に情報提供を行い,早期解決に役立てるとともに,認知症高齢者の徘徊事案や行方不明者の捜索など,生命・身体の安全確保の緊急を要する場合にも活用することとしております。

 防犯カメラは録画機能のみで,監視機能は設けておりません。
 万が一,事件事故が発生した際には,主に警察機関の依頼に基づいて,防犯カメラ映像の提供を行い,捜査協力を行います。
 また,一定期間が経過すると録画映像の上書き機能によって古い録画映像を抹消します。

 プライバシーへの配慮は,撮影にあたり,民家等が映り込まないよう,撮影角度を調整し,民家等が映る場合には録画時に当該部分を記録しない処理(プライバシーマスク処理)を行い,更に,映像を容易に取り出せないよう,二重三重のセキュリティー対策を実施し,個人のプライバシーに関する映像が流出しないよう,徹底しています。

【設置場所】
 (1)JR山崎駅前付近
 (2)阪急大山崎駅前付近
 (3)旧円明寺交番付近
 (4)府道五条本交差点付近
 (5)大山崎中学校交差点付近
  公共交通機関や主要交差点など,主に交通の要衝と考えられる箇所に設置することで,犯罪抑止効果を高めています。