メールニュース

第763号 2017年12月20日発行

滋賀県情報発信拠点「ここ滋賀」~ここから広がる滋賀のストーリー~

ここ滋賀ロゴ ここ滋賀ロゴ

ここ滋賀 ここ滋賀

SHIGA's GUIDE SHIGA's GUIDE

 10月29日,東京・日本橋に,滋賀県の情報発信拠点「ここ滋賀」がオープンしました。
 11月末までに約8万人の方にお越しいただき,順調なスタートを切りました。

 日本経済の中核を担う企業が拠点を置く日本橋には,近江商人にルーツをもつ企業が多く,滋賀にゆかりのある地域です。
 滋賀には,琵琶湖や信楽焼,近江牛といった魅力的な自然やモノ,食があり,さらには,仏教や観音文化によって育まれた精神性など,日本のよさに通じるものがあります。
 「全国・世界から選ばれる滋賀へ」を目指して,「ここ」に滋賀があり,「ここ」で滋賀に触れ,「ここ」に来れば滋賀に行きたくなるというストーリーを展開していきます。

 1階のマーケットでは,近江米や最澄が持ち帰った茶の実が起源とされる近江の茶,日本三大和牛の近江牛,独自の発酵食である鮒ずし等の湖国の食,信楽焼や個性豊かな琵琶湖産真珠,綿・絹・麻の繊維製品(滋賀県は,全国的にも珍しく3つの天然繊維の産地が県内にあります。)をはじめ,約1,000アイテムの産品を取り扱っています。
 また,県内33蔵の地酒や近江の茶が楽しめる「SHIGA’s BAR」や2年連続特A評価の近江米「みずかがみ」を使ったおにぎりのテイクアウトコーナーでは,滋賀の魅力を手軽に体感いただけるほか,お買い求めいただいた商品に舌鼓を打ちながら日本橋を望む屋上テラスでくつろぐ,という過ごし方ができ, 2階レストラン「日本橋 滋乃味(じのみ)」は,近江牛と発酵をテーマに,郷土料理はもちろん,新たな編集で滋賀の食材やその背景にある文化の奥深さを体感いただける空間になっています。

 このように「ここ滋賀」には数多くの特徴がありますが,中でも最大の特徴は,様々な切り口で行う企画催事を通して,日々新たな滋賀の魅力に出会えることです。毎月のテーマをもとにお伝えする,滋賀の人やコト,モノの魅力は「SHIGA’s GUIDE」で御紹介しているほか,総合案内「SHIGA’s CONCIERGE」では,おススメの滋賀の旅も御案内しています。
 滋賀を体感いただく場を全館で御用意し皆様をお待ちしております。ぜひ一度「ここ滋賀」へお立ち寄りください。

【施設概要】
住  所 東京都中央区日本橋2-7-1
アクセス 東京メトロ日本橋駅 B 6,B 8出口からすぐ
      JR東京駅八重洲北口から徒歩 6分
営業時間 1F マーケット・総合案内:10:00 -20:00
      地酒バー「SHIGA’s BAR」: 10:00〜23:00
      2F 日本橋 滋乃味 11:30〜14:00/18:00〜23:00
定 休 日 年末年始(12月31日〜1月3日)

【ホームページ】
 http://cocoshiga.jp/