メールニュース

第764号 2017年12月27日発行

京都市「明治150年・京都の奇跡プロジェクト」及び「明治ゆかりの地 年始特別開園等」の御案内

 平成30年は,明治改元から満150年の節目の年に当たります。
 京都にとって,明治時代は,維新で都の地位を失い,都市衰退の危機に直面した困難な時代でした。この危機に際し,明治の京都の人々は,力を合わせ,お金も出し合い,市民ぐるみで全国初の小学校を創設するとともに,琵琶湖疏水や水力発電所の建設,市電の開業など,先進的な取組に挑戦。困難を克服し,今日の発展の礎を築きました。
 このことを踏まえ,本市では,市民ぐるみで明治以降の京都の歩みを見直し,学び,未来に活かしていくため,平成29年から先行的に「明治150年・京都の奇跡プロジェクト」に取り組んでおります。また,明治150年イヤーとなる平成30年1月からは,「明治の京都を知る」シンポジウムや通常非公開の地の特別見学会,「明治の京都を旅する」京の冬の旅キャンペーン等の様々な取組を進めていきます。
詳しくは,『みんなでつくる「明治150年・京都のキセキ」』ポータルサイトのイベント情報欄で告知していきますので,ぜひ御覧ください。当ポータルサイトでは,明治ゆかりの写真募集も行っておりますので,御投稿いただけましたら幸いです。
 なお,明治150年イヤーとなる平成30年の年始に,明治ゆかりの地において特別開園等が行われておりますので,下記に御案内させていただきます。御興味のある方はぜひお立ち寄りください。

『みんなでつくる「明治150年・京都のキセキ」』ポータルサイト
URL:https://meiji150.kyoto/

○元離宮二条城
 <明治ゆかりの地情報>
 慶応3年,第15代将軍 徳川慶喜が二条城の二の丸御殿の大広間に在京40藩の重臣を集め,政権返上を天皇に奏上する意思を表明。
 年始営業開始日:1月1日(月・祝)
         ※1日から4日までの間は,庭園及び展示・収蔵館のみ公開
 入城料:一般600円,中高生350円,小学生200円
         ※1日から4日までの間は,一般400円,小中高生200円
 URL: http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/
○旧三井家下鴨別邸
 <明治ゆかりの地情報>
 三井総領家である三井北家の別邸として大正14年に下鴨に建築されるに当たり,明治13年建築の三井家の木屋町別邸が主屋として移築。国重要文化財。
 年始営業開始日:1月1日(月・祝)
 入館料:一般410円,中高生300円,小学生200円
 URL:http://www.kyokanko.or.jp/mitsuike/index.html
○無鄰菴
 <明治ゆかりの地情報>
 明治・大正時代の政治家(第3代内閣総理大臣)山縣有朋の別荘。庭園は七代目小川治兵衛作,国の名勝。
 年始営業開始日:1月1日(月・祝)
 入園料:410円(小学生未満無料)
 URL:https://murin-an.jp/
○京都市動物園
 <明治ゆかりの地情報>
 明治36年,市民から多額の寄付が寄せられ,市民の手によって日本で2番目の動物園として開園。
 年始営業開始日:1月2日(火)
 入園料:一般600円(中学生以下無料)
 URL:http://www5.city.kyoto.jp/zoo/