メールニュース

第773号 2018年02月21日発行

久御山町京都文教大学・京都文教短期大学と連携協定を締結しました

 平成27年度に策定した「久御山町総合戦略」では,その推進にあたっての基本的な方針として,大学等と連携して戦略を実行していくことを掲げております。現在は京都府立大学,株式会社京都銀行と連携協定を締結し,様々な分野で相互に協力しています。

 また,京都文教大学では,事業所訪問バスツアーや社会人との交流・ワークショップをはじめ,地域に根ざした教育を実践されており,京都文教短期大学においても,地域とのつながりを重視し,専門性に特化した教育を実践されております。

 久御山町と京都文教大学・京都文教短期大学が包括的な連携のもと,相互の人的・知的・物的資源の交流・活用を図るなかで,地域の発展や,人材の育成,まちづくりに取り組んでいくため,両校と連携協定を結ぶこととし,2月6日に締結式を行いました。

 まちづくりに関することなど,幅広く協力していくことを予定しており,今後,インターンシップ事業や町内の事業所訪問バスツアーなどを実施する予定であるほか,子育て支援や産業・観光振興など,両校の強みを活かした取組も進めていくこととしています。

 総合戦略に掲げられている基本目標である「町内定住の促進」や「産業活力の発揮」,「『くみやま』魅力発信」といった観光・交流促進の分野に関して,両校との連携・協力により,より一層円滑な施策の推進を図っていきます。

 今後も大学等と相互に連携を図りながら,地域の活性化のための取組を進めてまいります。