メールニュース

第788号 2018年06月13日発行

近江八幡市「近江八幡市立資料館」が,リニューアルオープンいたしました!

近江八幡市立資料館 近江八幡市立資料館

 近江八幡市立資料館は,昭和49年3月,八幡町の商家と考古資料の展示を行う施設として開館いたしましたが,施設の老朽化とともに設備の劣化が進んでおりました。このことから,歴史的建造物である市立資料館を活用しつつ,本市の観光の拠点として地域の活性化を図ることを目的に,このたびリニューアルいたしました。
 近江八幡市立資料館は,「郷土資料館」・「歴史民俗資料館」・「旧西川家住宅」の3施設のことを言います。まずは,簡単に施設の紹介をさせていただきます。
 「郷土資料館」・・・かつて海外で活躍した近江商人・西村太郎右衛門邸跡に昭和49年(1974)3月1日に開設されました。旧市街地の中心である新町通りに位置し,八幡の古い町なみや商家,民俗,考古などの資料を展示しています。
 「歴史民俗資料館」・・・江戸時代の民家を修復した資料館で,近江八幡の古い商家の室内と庭などがご覧いただけます。当時の生活資料も展示しており,江戸時代の八幡の生活ぶりを今に体感いただけます。
 「旧西川家住宅」・・・西川利右衛門(理右衛門)は,当市を代表する近江商人の一人で,初代から昭和5年に11代が没するまで約300年間に亘って活躍しました。11代が没した後,分家の西川庄六家の厚意によって市に土地建物共に寄贈された住宅で,国の重要文化財に指定されています。

 この度は,郷土資料館のリニューアルが行われました。屋外展示場を再整備して,ギャラリーカフェ,物販コーナー,屋外展示室を設置しました。ギャラリーカフェで一息ついて頂き,また,物販コーナーでは近江八幡にゆかりのある品々を手に取っていただくことが出来ます。
 近江八幡を訪れた際は,リニューアルオープンした近江八幡市立資料館にぜひ一度お越しください。
 
開館時間:9:00~16:30(入館16:00)
休館日 :月曜日・祝祭日の翌日・年末年始
入館料 :①「郷土資料館」「歴史民俗資料館」「旧西川家住宅」3館共通入館券
        一般500円 小・中学生250円
     ②「郷土資料館」「歴史民俗資料館」
        一般300円 小・中学生150円
     ③「旧西川家住宅」
        一般300円 小・中学生150円