メールニュース

第790号 2018年07月04日発行

竜王町えっ!?「近江牛発祥の地」竜王町に新たな魅力!竜王町は,「まるごとフルーツバスケット」!?

 一昨年に「近江牛発祥の地」・「スキヤキを愛する町」を宣言した竜王町では,「竜王町まるごと「スキヤキ」プロジェクト」に取り組んでいます。
 「竜王町まるごと「スキヤキ」プロジェクト」は,竜王町内の生産者,企業,関係組織,行政が連携し,「近江牛」を基軸に,まちの特産品や歴史,文化などの地域資源を「スキヤキ」というキーワードで総結集させ,まちの魅力を発信する取り組みです。

 このプロジェクトのポイントは,「まるごと」であること。近江牛だけPRでなく,竜王町の特産品や観光地,歴史や文化など様々な魅力を発信しています。 
 そして,その魅力の中でも,大きなひとつが「竜王町産のフルーツ」です。
竜王町の緑豊かな自然と恵まれた土質は果樹栽培に最適で,町内山之上地先に位置する「道の駅アグリパーク竜王」は農林公園でもあり,周辺には広大な果樹園が広がっており,四季を通してさまざまなフルーツの収穫体験に多くの方に訪れていただいています。
 「フルーツのまち竜王町」としてもっと盛り上げていこうと,新しい取組も始めています。
今年は,初の試みとして4月に「梨の花見」を開催。園主からのお話しを聞きながら果樹園に広がる白い可憐な梨の花の天井を来園者に楽しんでいただきました。
 また,ふるさと納税の謝礼品に「梨の木のオーナー権」もラインナップ。オーナーになれば,果樹1本まるごとの梨全部がもぎ放題。もぎたての瞬間を家族やお友達と楽しんでいただけます。
 さらに,新たに「すもも狩り」も始めました。
 1月のいちごから始まり,さくらんぼ,ブルーベリー,桃,ぶどう,梨,柿,みかんと12ヶ月フルーツが途切れない竜王町は,まるでフルーツバスケットのようだと思いませんか。
 このプロジェクトが,まちの魅力の発信につながるだけでなく,より広く深く浸透し,竜王町を訪れていただく方々を温かくおもてなしできるものとなりますようがんばりますので,ぜひ一度「フルーツのまち竜王町」に遊びに来てください。